情報公開のページ

 

  ご案内     第52回部落問題研究者全国集会
             と き  2014年10月25(土)・26日(日)
  ■■
■■■■■■■ ところ同志社女子大学・今出川キャンパス
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(京都市上京区今出川通寺町西入)


新刊情報  「近世身分社会の捉え方」 | 「近世身分社会の仲間構造」
「部落問題解決過程の研究(第1巻・歴史篇)」 | 「同(第2巻・教育・思想文化篇)」
「同(第3巻・現状・理論篇/資料篇機法
「新たなまちづくりに挑む」 | 「近代大阪の地域と社会変動」 | 「近江絹糸人権争議の研究」  
「島崎藤村『破戒』を歩く(上)『破戒』を歩く」 | 同(下)「藤村」を歩く」
----------------------------------------------------------------------------

「人の世に熱あれ 人間に光あれ」(水平社宣言) 部落問題研究所は、すべての人間が大切にされ、すべての人間に光があてられる社会にするための学術研究を行い、その成果の普及に努める研究機関です。
戦後、基本的人権尊重を基本原理の一つとする日本国憲法が制定され、民主主義発展の基礎的条件がつくられました。その下で、憲法を生活の中に定着させようとする国民の努力によって、日本の民主主義は大きく前進し、部落問題も解決の最終段階を迎えました。その間、社団法人部落問題研究所も、部落問題の解決をはかり、日本の民主主義発展に寄与するための科学的な調査・研究に取り組み、その成果を広く国民のものとしてゆく努力を積み重ねてきました。今後とも、部落問題の研究を続けるとともに、これまでの蓄積と成果の上に立ってさまざまな人権問題について科学的な研究に取り組み、広く国民のものとしてゆく開かれた学術研究機関をめざして努力していきます。


すべての人間が大切にされる社会づくりをめざす部落問題研究所の活動に参加してくださることを皆様に要望します。
部落問題研究所は会員制の組織です。 会員は、普通会員・賛助会員・特別会員により構成されています。
研究所の目的と事業に賛同いただける方ならどなたでも入会できます。
普通会員(個人・団体)  年会費  12,000円
機関誌『人権と部落問題』【通常号12冊と特別号2冊】と研究所「会報」(年6回)をお届けします。研究所発行の図書 2割引購入、資料室所蔵資料の閲覧・利用、集会参加費割引 などの特典が付与されます。
賛助会員(個人・団体) 年会費  20,000円、50,000円、100,000円
上記特典の他、研究紀要『部落問題研究』が届けられます。
詳しくはお問い合わせください。



最新情報・広報等をお知らせします。
出版案内へ→

年間行事・諸集会の日程、題目などをお知らせします。
年間行事・諸集会へ→

部落問題研究所のあゆみ・業績を年表でご紹介。
あゆみ・業績へ→

部落問題研究所の刊行物・定期刊行物のご紹介です。
ご注文も承ります。刊行物へ→

部落問題研究所の資料室の所蔵をご紹介します。
資料室へ→