前号へ ←■→ 次号へ

誌名『人権と部落問題』
2017年7月号
 (第69巻8号)  通巻901

▼巻頭言 教育勅語と小学校祝日大祭日儀式規程・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・成澤 榮壽

=== 特集 戦後部落問題の分岐点(4) ―和歌山― ===
  特集にあたって  教育の分岐点「和歌山」
 ○和歌山県の勤評闘争と国民の教育権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東上 高志
 ○和歌山県における戦後教育運動の成果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・楠本 一郎
 ○主権者を育てる人権教育のとりくみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷口 幸男
 ○切目調査が明らかにしたこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・梅田  修
 ○大学と部落問題ー教員養成の問題にかかわって(再録)・・・・・・・・・・・・・・・・西  滋勝


▼随想 平和への願い 想いを琵琶に込めて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江川 旭昴

▼連載
 ○僕は生涯郵便屋さんでした
       小泉郵政劇場の十年 第四幕 元祖「非正規」・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・なかむらみのる
 ○創作 舞鶴湾の風 ―軍港に命を懸けた人々 ― (16)・・・・・・・・・・・・・・・・・ 菱﨑 博
 ○部落問題研究所70年の面影(14)
              ― 社会的活動の面影―・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東上高志
▼世界のくらしと文化 韓国 最終回
   画家・金(キム)煥基(ファンギ)
       ―変わらずに、変わり続ける 描き続けた原風景―・・・・・・・・・・・・・・・松岡とも子
▼本棚
  旧制中学生の戦中・戦後の記録/「寺井日記」がつなぐ
      『「未来日記」| 次世代へのメッセージ』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大八木 元
▼文芸の散歩道
  夏目漱石の姦通小説ー『それから』の場合(上)ー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水川 隆夫
▼公益社団法人部落問題研究所二〇一六年度臨時総会の報告
▼編集室



前号へ ←■→ 次号へ